第23回 福岡県学校歯科保健研究大会の報告
 第23回 福岡県学校歯科保健研究大会が、平成30年11月17日(土)福岡県歯科医師会館5F大ホールにて、「歯・口の健康づくりの総合的展開を目指して」〜自らの健康行動につながる効果的な歯科保健活動〜をテーマに開催されました。
 講演に先立ち、団体表彰、よい歯の学校・学校歯科医表彰、図画・ポスター・標語表彰が行われました。
実践活動報告@ 「小学校における食育の実際」
         〜児童の実態と栄養教諭の取り組み〜
春日市立 春日西小学校 栄養教諭 深田 恭代 先生
実践活動報告A 「自分で知り、自分で管理する力強い歯」
         〜生徒保健委員会の取り組み〜
福岡県立 八女高等学校 養護教諭  井手 紀美 先生
養護助教諭 萩野 和代 先生
生徒保健委員会
基 調 講 演 「統計調査からわかること、その活用」
一般社団法人 福岡県学校歯科医会 専務理事   平瀬 久義 先生

特 別 講 演 「学校歯科保健における健康管理としての
         健康診断の位置づけの変化」
九州大学大学院歯学研究院口腔予防医学分野 教授 山下 喜久 先生
ご来賓、学校歯科医、大学関係者、教育委員会、学校関係者、歯科衛生士会など、330名のご出席をいただき、盛大に開催されました。
 

 

研究大会写真 研究大会写真 研究大会写真
研究大会写真 研究大会写真 研究大会写真
研究大会写真 研究大会写真 研究大会写真
研究大会写真 研究大会写真 研究大会写真